Debacle Path magazine

Debacle Pathは、Gray Window Pressが発行するハードコア・パンクについての不定期刊雑誌です

バックナンバー | vol.1 | vol.2 |


Debacle Pathの別冊第1号!


■ハードコア・パンクの歌詞を読む ―Debacle Path 別冊1

A5判 並製 64ページ
日本語
600円+税
発売日:2020年10月14日
ISBN978-4-9910725-3-6
※在庫なし

ハードコア・パンクのバンドはそれぞれの時代に、何をどのように歌ってきたのか。誰もが知っているクラシック・バンドから「今」を伝える現行バンドまで、1曲1曲の歌詞を読み込んで書かれた33のレビューを掲載した、Debacle Path の「別冊」第1号、全64ページ!

掲載バンド:Alement, Antischism, Body Pressure, Born Against, Corvo, Dagger, Daily Ritual, Dirt, Dystopia, Extended Hell, Final Conflict, Grief, Hibernation, HIRS, Industrial Suicide, The Insane, Insolent Wretch, Instant Agony, Instinct of Survival, Living World, Los Crudos, MDC, Namatay Sa Ingay, Pg.99, PMS 84, Poison Idea, Protestera, 7 Minutes of Nausea, Sore Throat, Special Interest, Unhinged, Violators/ CrimethInc.(レーベル)など

歌詞のテーマ:反警察、反資本主義、反レイシズム、反セクシズム、アナキズム、Black Lives Matter、反テクノロジー、反監獄、フェミニズム、プロチョイス、戦争責任、植民地主義、疑似民主主義、アメリカの覇権、監視社会、性的マイノリティ、ジェントリフィケーション、反音楽、ニヒリズム、ディストピア、移民、ナチズム、反宗教、KKK、動物の権利、菜食主義、暴動、暴力、厭世、セルアウトなど

寄稿者:
Eriko(M.A.Z.E.)
久保 景(Deformed Existence)
黒杉 研而(ATF, Deformed Existence)
コウヘイ(Rashomon, 鏡)
Terroreye(Kaltbruching Acideath)
山路 健二(EL ZINE)
渡邉(MATERIALO DISKO)
A.K.アコスタ
鈴木 智士


(Information in English follows Japanese/英語の情報は日本語の下にあります)


Debacle Path vol.2
取り扱い店舗はこちら
【読んでください 補足説明】小特集「ハードコア・パンクと学術」について(4/20)
直販は悪税抜き価格で販売中!

Debacle Path (ディバクル・パス) vol.2
A5判 並製 176ページ
日本語(※各記事の概要(英語)あり/Includes English abstracts of each article)
1,400円+税
ISBN978-4-9910725-2-9
2020年4月25日発行

■小特集: ハードコア・パンクと学術
〔インタビュー〕
・パンクは常に、「学校」だった/ジェフ・エヴァンス (Skaven, Lachrymose, Asunder)
80年代初頭のパンクとの出会いから90年代ベイエリア・シーンの話、アジア思想研究へ進んだ経緯から、現在のベイエリアのハイパー・ジェントリフィケーションの話まで。
・パワーバイオレンスから思想犯罪まで/マックス・ウォード (625 Thrashcore/Plutocracy, Spazz, What Happens Next? Scholastic Deth他)
日本のパンクス、スラッシャーズもお世話になったMax 625。「パワーバイオレンスとは何だったのか」という回想から、アメリカの大学制度の基本的情報、日本史研究者として現在の日本社会をどう見ているかまで、24,000字超のロングインタビュー!
・私たちのパンクのアイデアを積極的に再考すべき/スチュアート・シュレイダー (Game of the Arseholes, Shit-Fi.com)
知る人ぞ知るパンク学者、スチュアートが見る現代のパンクシーンとは? 過去にリリースもしていたDiscloseへの言及は読み逃し厳禁!
〔付録〕DSA(アメリカ民主社会主義者)について/A. K.アコスタ
・解説―学びの場としてのハードコア・パンク・シーン/鈴木 智士

■エッセイ、寄稿
・混迷こそが人生!/植本 展弘(Voĉo Protesta)
・誰のために歌うのか 天皇の戦争責任と日本語の歴史/前田 年昭
・絶対兵役拒否宣言NEVER SAY DIE! ② ある絵が訴えかけてくるもの/モブ・ノリオ
・“Women’s Power”にパワーはあるのか? 脅迫的な自己主張の時代に表現するということ/アイシャ (Ignition Block M)
・〔イタリア〕  トリノのスクウォット事情 その2: インタビュー:Ossa Cave/Edera Squat/しろー
・〔トルコ〕 「パンク世代はいらない」 ―イスタンブールのパンクス/エリフ・エルドアン
・劇映画の中のパンクス 『処刑教室』からアンゲロプロスまで/鈴木 智士
・〔レポート〕マンプラン バンドンのアーティスト10人展
・UK CRUST meets INDUSTRIAL/久保 景(Deformed Existence)

■レビュー(音源、書籍、映画)
・Henryk Górecki: Symphony No. 3 (Symphony of Sorrowful Songs) Op. 36 /Beth Gibbons and the Polish National Radio Symphony Orchestra /鈴木 智士
・The Caretaker/Everywhere At The End Of Time/ Terroreye (Kaltbruching Acideath)
・Thergothon / Through the Pits Of Time /鈴木 智士
・離散者がいずれの国家も選択せず生きる道のり ―中村 一成『ルポ 思想としての朝鮮籍』/新井 一三
・私たちの物語を ―チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』/堀エマソン
・「私たちの将来を考えなくてはいけない」―『異国に生きる 日本の中のビルマ人』/どあのぶ

English Abstracts


Debacle Path is a hardcore punk magazine published by Gray Window Press on an irregular basis.


Debacle Path magazine vol.2
A5 (14.8cm x 21cm), 176 pages
Japanese (includes English abstracts of each article)
1,400yen+tax
ISBN978-4-9910725-2-9
For overseas orders, please contact us from the contact form.

-Special feature of the issue: Hardcore Punk and Study
Interviews:
Punk was Always a kind of ‘School’ / Geoff Evans (Skaven, Lachrymose, Asunder)
From Powerviolence to Thought Crime / Max Ward (625 Thrashcore/Plutocracy, Spazz, What Happens Next? Scholastic Deth etc.)
We Should Be Willing to Rethink Our Punk Ideas As the World Changes / Stuart Schrader (Game of the Arseholes, Shit-Fi.com)

Regarding DSA (Democratic Socialists of America) / A.K. Acosta
Commentary -Hardcore Punk Scene as a Learning Field / Satoshi Suzuki

-Essays and other articles
The Bewildering Confusion Is the Life! / Nobuhiro Uemoto (Voĉo Protesta)
For Whom You Sing -The War Responsibility of the Emperor and History of Japanese Language / Toshiaki Maeda
Declaration of Ultimate Refusal of Military Service: Never Say Die! (2) What an Illustration Urges / Norio Mob
Does “Women’s Power” Really Have Power? Expression in the Time of Menacing Self-Assertion / Aisha (Ignition Block M)
The Squatting Situation in Turin (Part 2): Interviews with Marghe (Ossa Cave), Edera Squat / Shiro
“I don’t want a punk generation” – Punks in Istanbul / Elif Erdogan
Punks in Movies – From “Class of 1984” to Theo Angelopoulos / Satoshi Suzuki
Mamprang -Art Exhibition of 10 Artists from Bandung
UK CRUST meets INDUSTRIAL / Kei Kubo (Deformed Existence)

-Reviews
Music:
Beth Gibbons and the Polish National Radio Symphony Orchestra, conducted by Krzysztof Penderecki/ Henryk Górecki: Symphony No. 3 (Symphony of Sorrowful Songs) Op. 36 (LP+DVD)
The Caretaker/Everywhere At The End Of Time (CD)
Thergothon / Through the Pits Of Time (3-tape box)

Books:
Reportage: Korean Register as Thought by Il-song Nakamura /Ichizou Arai
Kim Ji-young, Born 1982 (82년생 김지영) by Cho Nam-joo / Emmarson Hori

Movie:
Living in a Foreign Country: Burmese in Japan (2012) / Doanob

English Abstracts


Back number