【書評、時評】メディア掲載情報(7/10)

【MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録】
集英社の月刊文芸誌「すばる」8月号に、書評が掲載されています。評者はDebacle Pathへの寄稿でもおなじみ、モブ・ノリオ氏。「ロックンロールの無限の可能性とその命脈」と題し、アメリカン・ハードコアの性急さと熱量を持った文章で、本書を評してもらっています。
ちなみに、目次の「デイヴ・ディクター」の隣が「スコット・フィッツジェラルド」なんですが、これをデイヴ・ディクターに伝えたところ、思ったよりリアクションが薄かったのが残念でした…。

【Debacle Path vol.1】
「図書新聞」2019年7月13日号(3407号)掲載の、文芸評論家の岡和田晃氏の連載、「〈世界内戦〉下の文芸時評」第53回で、Debacle Path vol.1について、正に“Make Punk A Threat Again”な内容として、ハードコア・パンクの可能性を文学の視点から見てもらっています。
タイトルは「『市民的な良識』の包摂を切り崩す個我としてのハードコア・パンク」!

というわけで、文学畑からのリアクションの方が早い、というのが少々驚きでしたが(そもそも取りあげてくれるようなパンク系の雑誌がないか)、文学もパンクも横断しながら、今後もおもしろいものを作れればなと改めて思いました。(S)

書店で販売/購入いただけるようになりました

主に書店さん向けの情報ですが、八木書店さん経由で、Gray Window Pressの刊行物すべてをお取り扱いいただけます。
詳細は、メニューの「書店の方へ」をご覧ください。

(7/10更新)
当初は条件を「買い切りのみ」としていましたが、「3ヶ月以降返品可」に変更しました。

またこれにより、購入希望の方はお近くの書店で注文していただいても購入できますので(なにぶん規模が小さい出版レーベルですので、多少時間はかかるかもしれませんが)、書名、出版社名(Gray Window Press)あたりを書店に伝えてもらえれば、対応してもらえると思います。
ネット本屋ではなく実店舗で買いたい、という方はぜひご利用ください。

「MDC本」、著者サイン入り本を販売します!/ Signed copy by Dave Dictor is on sale now

(English follows Japanese)
MDC & Naked Aggressionのツアーも終わりました。MDCはメンバーの都合もあったのか、前回2回のツアーよりも、初期の曲も多めで、よりタイトな演奏だったように思います。正直それよりもよかったのが、見た方は残念ながらごく少数に限られますが、デイヴ・ディクターとベースのマイクのアコースティック・セット! 2回の朗読イベントで行ったものですが、デイヴの著書にも書かれていますが、アメリカン・ハードコアの根っこには、やはりこういったブルースやカントリーなんかが流れてるんだなと再認識しました。

さて、ツアーの各会場で販売した、デイヴ・ディクターのサイン&ナンバリング入りの『MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録』ですが、実は全部で250冊用意していたのですが、余った分を当ウェブサイトの直販で販売します。オンラインショップにも書いてありますが、以降注文分はすべてサイン付きが届きますのでよろしくお願いします(番号は選べません、悪しからず)。
もし、サインはいらない、きれいな本がほしい、という方は、ご注文時に備考にその旨お書きください。
あとは逆に、激しいツアーに耐えきれずに、ダメージを受けてしまった本も何冊かあるので、これはそのうち安く販売しようかなと考え中です。MDCの汗と涙で汚れたダメージ本があえてほしいという方は、ご連絡ください。サインとナンバリングはついてます。

最終日のあとの深夜にサイン作業中の、著者デイヴ・ディクター


We have some copies left with the author Dave Dictor’s sign on it.
If you want to get you a copy (regardless of reading it or not, just for your collection), please contact us from the contact form and we will get back to you with information of the total cost with a shipping to your country. Limited to 250 copies, with numbering on it as well.

“Mega Death Climate/Need Action/Flip Out Tour” 6/20よりスタート!!!

明日6月20日より、MDC & Naked Aggressionの日本ツアー、“Mega Death Climate/Need Action/Flip Out Tour”がスタートです。
各ツアー会場では、『MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録』の販売ももちろんあります。ツアー中は会場限定で、著者・MDCヴォーカルのデイヴ・ディクターのサイン&ナンバリング付き限定版を販売します。

表紙見返し部分にナンバリングが入っています

多分どのライブでもデイヴ自ら物販で売ってると思うので、ライブを見て、見る前に、著者から直接買っていただくのが、距離が近くていいかと思います。

また、すでに本を買ったよ、という方も、本を持っていけばデイヴは気さくにサインしてくれると思いますので、そのあたりはDIYパンクの慣習のような感じで、気軽にコミュニケーションしてもらえれば、版元としても嬉しい限りです。

【日程】
6月
20(木) 西横浜EL PUENTE
21(金) 水戸SONIC
22(土) 足利ライブハウス大使館
23(日) 新潟WOODY
24(月) 東京 新代田FEVER
(25(火) 朗読イベント@中野MOON STEP)
26(水) 四日市VORTEX
27(木) 大阪火影
28(金) 京都SOCRATES
29(土) 名古屋HUCK FINN
30(日) 中野MOON STEP

ツアーの詳細は下記リンクよりfacebookページで確認できます:
M.D.C & Naked Aggression JAPAN TOUR 2019

各地のより詳しい情報は、こちらのFLIPOUT A.A & NAMASTE 西荻ハードコアドラマーじゅんたまさんのブログの方がよさそう:
MDC & NAKED AGGRESSION JAPAN TOUR 2019(全日程詳細)

EL ZINE、フィリピンのジン、MRRなど、在庫あり〼

お世話になっているDIYパンクのジン、EL ZINEのバックナンバーや、Debacle Path vol.1に寄稿してくれたマニラのインフォショップ関連のジンや冊子、あとついに印刷物の発行を止めてしまったMaximum Rocknrollの残り物をオンラインショップに追加しました。
EL ZINEは既に版元に在庫なしのものもあるので、早いもの勝ちでどうぞ。ほとんど1点ものです。


発売! MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録

MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録

昨日印刷から上がってきまして、ご予約の方には順に発送を始めました。
現在は当ウェブサイトの直販(こちらよりどうぞ、消費税サービス、限定バッジ付き)、5/29(水)の発売日からは、主に自主出版物を扱う書店、レコード店、ディストロ等で販売が始まります。取り扱い店の一覧はこちらからご確認ください。

※現在のところ、全国の一般書店、Amazon、楽天ブックスなどのECサイトでは購入いただけません。それらのECサイトの中には当書籍のページが自動的に作られているようですが、購入はできませんのでお気をつけ下さい。
購入ご希望の場合は、上記方法のいずれかでご購入ください。

【書店、小売店さんへ】
現在のところ取次は通さず、直取引のみ承っています。
取り扱いご希望の場合はContactページよりご連絡ください。折返し取引条件等の詳細をお伝えいたします。

【5/29発売予定!】MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録

以前よりお伝えしてきました、アメリカのオリジナル・ハードコア・パンク・バンド、MDC(Millions of Dead Cops)のヴォーカル、デイヴ・ディクターの自伝の邦訳版、『MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録』の書影&詳細です。
発売日は5月29日を予定しています。
Debacle Pathと同じように、全国の良心的なパンクのレコード屋さん、ディストロで販売予定です。今回は一般書店への流通も考えてますが、まあそれはそのうちに…。名古屋のAnswerも残念ながら閉店ということで、とりあえずは“Support your local punk stores and distros”ということで、大企業クソくらえ! よろしくお願いします。

Gray Window Pressサイト直販は、消費税サービス(死ね消費税!)&カバーデザインのバッジ付き! 5月10日より予約受け付け開始予定!

詳細はこちらか、下記画像をクリック!

そしてMDCは6月後半に3度目の来日ツアー! 今回はNaked Aggressionと一緒だ!
ツアー中はデイヴ・ディクターによる朗読イベントも開かれる予定。詳細はまたここでも告知します。

The Bikini Kill Reunion and Punk Nostalgia

The Bikini Kill Reunion and Punk Nostalgia
By A.K. Acosta

In January 2019, the legendary riot grrrl band Bikini Kill announced their reunion. It was only three shows, two in New York City and one in Los Angeles. Tickets were almost impossible to purchase. It seems that bots had purchased many of the tickets and immediately posted them on resale sites for hundreds of dollars. After a few days, Bikini Kill apologized for the situation and announced more shows, all of which also sold out, but at least most of the tickets were sold to people and not capitalist robots.

For many Bikini Kill fans, it was a reminder that the band is no longer an underground punk secret, but actually pretty famous. Like many legendary bands, they became progressively more famous after they broke up. The band was a figurehead of the punk feminist movement riot grrrl, which received mainstream media attention in the early 1990s. Their last album was released in 1996. Kathleen Hanna’s next band, Le Tigre, was a popular indie band in the early 2000s. (Le Tigre briefly reunited in 2016 to make a video in support of Hillary Clinton and her pantsuits, but the less said about that the better.)
続きを読む →

取り扱い店/Where to Buy

今週から全国のハードコア・パンクのレコード店、インフォショップや独立系書店でも取り扱っていただいています。現在の取扱店、ディストロ一覧はこちらでご確認いただけますので、ぜひそちらでもどうぞ。

また取り扱ってもいいよ、という小売店、ディストロの方からのご連絡も引き続きお待ちしています。パンクのジンはディストロという独自のネットワークで流通してきたこともあるので、特にディストロの方からの連絡をお待ちしています! Contactよりお問い合わせください。

Now Debacle Path vol.1 is available at independent record stores, infoshops and bookstores. Check here for stores nearby.
And distros who want to sell this zine, please get in touch!

Interview with Pete Boyce, the original singer of Antisect

Here is the original interview text with Pete Boyce, the original singer of Antisect which was done in around May 2018.
An article based on this interview (“A short history of Antisect: Past Antisect, Current Antisect” by Satoshi Suzuki) appears in Debacle Path vol.1 (in Japanese language) and here I post the interview instead of the article.


First, I would like to hear some stories of how Antisect started back in the days in early 80’s and about the band in that period of the time.
How was the band originally formed? What kind of life you and people around you had spent? What were the motivations to keep the band active? Did you do/organize some actions or events in the time of Margaret Thatcher?

Pete Boyce: Antisect began in 1982 after Polly and Pete Lyons asked me if I was interested in starting a band. We started as we were young, unemployed and basically had nothing else to do.
The lineup:
Pete Lippy Lyons – Guitar
Pete Polly Paluskiewicz – Drums
Wink – Bass
Pete Boyce – Vox
Later members would include Tom Lowe, John Bryson and Lawrence Windle on bass. Rich Hill and Caroline Wallis on Vox, who both appeared on In darkness. Tim Andrews joined on vocals during 86-87.
We grew up in Daventry, Northants apart from Wink was from Long Buckby Wharfe, a nearby village. We were all into punk and influenced by The Ruts, The Damned, SLF, Crass, Magazine, Motorhead etc.
We worked hard as a band and the motivation was there, none of us were interested in money, (we had none!) and barely scraped enough cash to pay for petrol to get to the next gig or even home sometimes. Most of the gigs we did around this time were benefits and we were all happy with that.
I think the band was a saviour for me from a life of crime. I’d already spent time at a detention centre for an encounter Id had with the Police in 1980 and promised myself I would never be imprisoned again. Life in the UK was hard in the early 80’s with high unemployment, the Cold War, the mines closing and Thatcher. The music scene however was pretty good with so many great bands around. In 1977 I was only 11 years old so I missed the real early start. I didn’t really get into punk until 1979 after seeing UK Subs on Another Kind of Blues Tour. Blew me away. Good old Charlie still out there doing it.

You left the band after the release of “In Darkenss…” album. According to the interview with Lippy in the book “The Day the Country Died” written by Ian Grasper, Lippy mentioned you said you are going to quit the band in the morning right before an UK tour starts. (In this interview I found that Lippy somehow tried to deny the band at that period or the band’s believes though…)
Please tell me some stories around that time when you were going to quit the band.

続きを読む →