【読み物】映画『グッド・ヴァイブレーションズ』から想起するベルファストのアナーコ・パンク

※Debacle Pathは不定期刊なので、その間に書き溜まったような、いつ日の目をみるかもわからない記事は、このサイト上に投稿していきます。


映画『グッド・ヴァイブレーションズ』から想起するベルファストのアナーコ・パンク
鈴木 智士(Gray Window Press)

今夏、2012年のイギリス/アイルランド映画、『グッド・ヴァイブレーションズ』が公開された。私はこの映画のことをまったく知らなくて、当レーベルの書籍の販売でもお世話になっている高円寺のRecorshop Baseの飯島さんに教えてもらい、最初のシネマカリテでの上映は案の定気付いたらあっという間に終わっていたので、先日渋谷HUMAXでようやく観てきた。

映画自体は、北アイルランド紛争のさなかに、「無謀にも」レコード店を始め、パンクと出会い、The UndertonesやRudiなど、ベルファストを中心に北アイルランドのパンク・バンドを世に送り出したテリー・フーリー(Terri Hooley)を主役に持ってきた、史実に基づく、言わば「パンクの歴史モノ」だ。北アイルランド紛争の背景などを知っておいた方が、物語の裏側で何が起きているのかよくわかるし、ロンドンとベルファストの物理的、精神的な距離感も頭の中に入れておくといいのかもしれない。そもそも初期パンクに興味がないと面白くないのかもしれないが、初期パンクにそんなに興味がないというか、そのあたりはバンド名くらいしか知らない程度のインチキな私でも(さすがに“Teenage Kicks”くらいは知ってたが)、まあそういった「名曲」が使われるシーンで気持ちが高ぶるようには作られている。あと警察をみんなで追い出すシーンとかも。ややテリー・フーリーをヒロイックに描きすぎている気もしないでもないが(実際にヒーロー的な扱いだったのかもしれないが)、ジョン・ピールってやっぱり偉大なんだなとか、オーディエンスの中に2000年くらいのパンクファッションみたいなのが見えたり、1980年あたりの話にCasualtiesのバックペイントをした革ジャンが出てきたりと、パンク・ファッションの歴史考証みたいな視点でも楽しめる映画だ。ただ日本語字幕がちょっと変で、パブリックドメイン映画などのワンコインDVDくらいでしかお目にかからないような、2名の話者のセリフを分けずに頭に「-」を付けて2行で表示する、という英語字幕によくあるような字幕表示が気になった。あれは日本語字幕だと見慣れないスタイルなので、何か気持ち悪かった。

と、映画の感想はこれくらいにしておいて、観終わってふと考えた、北アイルランド、ベルファストのアナーコ・パンクのことをここでは書いておこう。
映画の中でも語られていたが、1978年あたりだとロンドンではすでに「パンクは死んで」おり、しかも紛争地帯のバンドのことを、多少気にはしてもレコードをかけたり買ったりしてくれるレーベルはもういない。時代遅れの田舎者扱いだ。だからテリー・フーリーがレコードを持って営業に行ってもまったく受け入れられない。そしてどの組織や派閥にも属さず、「自分たちでやる」という、広義の“DIY”のパンクロックというだけで、ナチスキンズにテリー・フーリーがボコボコにされるシーンもある。
続きを読む →

【時評、インタビュー】メディア掲載情報 その2

【MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録】
Debacle Path vol.1に引き続き、「図書新聞」2019年8月10日号(3411号)掲載の、文芸評論家の岡和田晃氏の連載、「〈世界内戦〉下の文芸時評」第54回で本書を取り上げていただいています。(“Millions of Dead Cops”の名前の表記に誤植がありますが、岡和田氏曰く「千年王国主義の叛乱イメージ(さらに言えばノーマン・コーン対カウツキー的な)を本から受けてしまった」からかもしれない、とのことでした。この誤植はMDCの新しい名前として提案しておきます 笑)
「何度でも言うが、とりわけ日本の言説空間において、圧倒的に欠けているのはパンクの精神だ」と書かれた上で、本書を「文学」として読んでもらっています。
ちなみに時評のタイトルは「左派ポピュリズムとキェルケゴール的単独者の相克」。
図書新聞ウェブサイト http://www.toshoshimbun.com/books_newspaper/


あと著者デイヴ・ディクターのインタビューが、スケートボードのウェブマガジン、「VHSMAG」に掲載されています。
VOICE OF FREEDOM
伝説的USハードコアバンド、MDCのヴォーカルにして80’Sスケートロックシーンの生き証人でもあるデイブ・ディクター。FTC以前のSFスケートシーン、そして壊れかけた世界について大いに語る。
──DAVE DICTOR (MDC)

かなりのボリュームのインタビューで、先日の来日ツアーの時に行われたようで(最初はインタビューなんてムリなんじゃないかと思っていたのですが、結果的に1時間以上話を聞くことができたそうで、これは取材に関わられた方々の熱意ゆえに実現したんだと思います)、内容も、スケートとの関連から、本書のまとめ的なもの、その後のMDC、デイヴの動向(ブルガリアやマレーシア、インドネシアなどをツアーで訪れて思ったことなど)、そして彼の目から見た現代社会のことなども触れられており、ある意味でこの本以上に内容の濃いインタビューです。
デイヴが熱く語ったゆえなのか、主語が「オレ」だったりと、インタビュー訳文は本書とは違ってかなりマッチョな感じですが、それはそれとして、必読のインタビューですので、本は買わなくとも、こちらはまず読んでいただければ。パンクやハードコア、スケートに興味がなくても十分に楽しめるし、いろんな情報が詰まったインタビューです。写真はちょっと格好つけすぎですけどね(笑)。思わず、ロックスターかよ!と感じたのは内緒にしておきましょう。

An interview with Dave Dictor done by a skateboard-related web magazine VHSMAG is published.
VOICE OF FREEDOM
THE LEAD SINGER OF THE LEGENDARY AMERICAN PUNK BAND MDC AND THE LIVING PROOF OF THE 80’S SKATE ROCK SCENE, DAVE DICTOR. THE LEGEND TALKS ABOUT THE SKATE SCENE BEFORE FTC ERA AND THE PRESENT WORLD THAT’S ABOUT TO FALL APART.
──DAVE DICTOR (MDC) – ENGLISH

In this long interview which was done in the MDC/Naked Aggression tour in this June, he talks about not only about the relationship between MDC and the skateboard scene, but his point of view to the current world, what he felt in the tours NDC has done after he wrote the book in 2016 (check some stories he tells about Bulgaria, Malaysia and Indonesia). This is not like a cheap short predictable “Are you still political?” kind of interview. Check it out!

【書評、時評】メディア掲載情報(7/20追加)

【MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録】
集英社の月刊文芸誌「すばる」8月号に、書評が掲載されています。評者はDebacle Pathへの寄稿でもおなじみ、モブ・ノリオ氏。「ロックンロールの無限の可能性とその命脈」と題し、アメリカン・ハードコアの性急さと熱量を持った文章で、本書を評してもらっています。
ちなみに、目次の「デイヴ・ディクター」の隣が「スコット・フィッツジェラルド」なんですが、これをデイヴ・ディクターに伝えたところ、思ったよりリアクションが薄かったのが残念でした…。

また、7/20発売の「ミュージック・マガジン」8月号にも書評を掲載していただきました。こちらはパンクスにはおなじみ、ライターの行川和彦氏によるレビューです。

【Debacle Path vol.1】
「図書新聞」2019年7月13日号(3407号)掲載の、文芸評論家の岡和田晃氏の連載、「〈世界内戦〉下の文芸時評」第53回で、Debacle Path vol.1について、正に“Make Punk A Threat Again”な内容として、ハードコア・パンクの可能性を文学の視点から見てもらっています。
タイトルは「『市民的な良識』の包摂を切り崩す個我としてのハードコア・パンク」!

というわけで、文学畑からのリアクションの方が早い、というのが少々驚きでしたが(そもそも取りあげてくれるようなパンク系の雑誌がないか)、文学もパンクも横断しながら、今後もおもしろいものを作れればなと改めて思いました。(S)

書店で販売/購入いただけるようになりました

主に書店さん向けの情報ですが、八木書店さん経由で、Gray Window Pressの刊行物すべてをお取り扱いいただけます。
詳細は、メニューの「書店の方へ」をご覧ください。

(7/10更新)
当初は条件を「買い切りのみ」としていましたが、「3ヶ月以降返品可」に変更しました。

またこれにより、購入希望の方はお近くの書店で注文していただいても購入できますので(なにぶん規模が小さい出版レーベルですので、多少時間はかかるかもしれませんが)、書名、出版社名(Gray Window Press)あたりを書店に伝えてもらえれば、対応してもらえると思います。
ネット本屋ではなく実店舗で買いたい、という方はぜひご利用ください。

「MDC本」、著者サイン入り本を販売します!/ Signed copy by Dave Dictor is on sale now

(English follows Japanese)
MDC & Naked Aggressionのツアーも終わりました。MDCはメンバーの都合もあったのか、前回2回のツアーよりも、初期の曲も多めで、よりタイトな演奏だったように思います。正直それよりもよかったのが、見た方は残念ながらごく少数に限られますが、デイヴ・ディクターとベースのマイクのアコースティック・セット! 2回の朗読イベントで行ったものですが、デイヴの著書にも書かれていますが、アメリカン・ハードコアの根っこには、やはりこういったブルースやカントリーなんかが流れてるんだなと再認識しました。

さて、ツアーの各会場で販売した、デイヴ・ディクターのサイン&ナンバリング入りの『MDC あるアメリカン・ハードコア・パンク史 ―ぶっ壊れた文明の回想録』ですが、実は全部で250冊用意していたのですが、余った分を当ウェブサイトの直販で販売します。オンラインショップにも書いてありますが、以降注文分はすべてサイン付きが届きますのでよろしくお願いします(番号は選べません、悪しからず)。
もし、サインはいらない、きれいな本がほしい、という方は、ご注文時に備考にその旨お書きください。
あとは逆に、激しいツアーに耐えきれずに、ダメージを受けてしまった本も何冊かあるので、これはそのうち安く販売しようかなと考え中です。MDCの汗と涙で汚れたダメージ本があえてほしいという方は、ご連絡ください。サインとナンバリングはついてます。

最終日のあとの深夜にサイン作業中の、著者デイヴ・ディクター


We have some copies left with the author Dave Dictor’s sign.
If you want to get your copy (regardless of reading it or not, just for your collection), please contact us from the contact form and we will get back to you with information of the total cost including shipping to your country. Limited to 250 copies, with numbering on it as well.